記事一覧
低用量ピルを服用できない女性について

医師に低用量ピルを処方してもらったことはありますか。 実は、服用できない女性がいます。 低用量ピルに興味がある人は、自分が服用できるかどうかを知っておいたほうが良いでしょう。 血栓症の人は服用できません。 なぜならば、低用量ピルに含まれているエストロゲンが血を固まらせる効果があるため、血栓症の人が服用すると症状が悪化するからです。 血栓性静脈炎や冠動脈疾患などの病気の治療をしている人は医師に相談してみましょう。 また、エストロゲンが関係しているガンを患っている人も服用できません。 乳ガンや子宮ガンがそうです。 ガンに関わらず、子宮筋腫などエストロゲンが関係している病気を患っている人も同じです。 自分は特に以上のような病気を患っていないから低用量ピルを服用できると思うかもしれませんが、生活習慣によっては服用できない可能性があります。 喫煙している人は服用できません。 あまり関係ないように感じるかもしれませんが、喫煙すると血栓症になりやすいですし、血管を収縮させます。 35歳以上で1日に15本以上タバコを吸っている人には処方されません。 しかし、禁煙すれば服用しても問題ないので、興味がある人は禁煙しましょう。 妊娠している人や妊娠したいと思っている人もそうです。 また、授乳中の人もそうですし、妊娠中に黄疸や持続性掻痒症が出た人や妊娠ヘルペスになったことがあっても服用できません。 自分が患っていなくても、乳ガンの家族歴があったり血栓症の家族がいる場合も飲まないでください。 糖尿病やその疑いがあったり軽い高血圧であっても良くありません。 実は、40歳以上の人は飲めません。 過去に心臓疾患や腎臓の疾患、肝臓の障害などがあってもそうです。 このように、低用量ピルを服用できない女性はたくさんいます。 興味があったとしても、以上の中に該当する項目があれば避けるべきです。 日本では医師が処方する必要がありますが、個人輸入などで手に入りやすいので以上のことを頭に入れておきましょう。 日本はピルの服用率が低い理由について 海外では低用量ピルの服用率はかなり高いです。 しかし、日本ではあまり服用率が多くはありません。 そもそも日本での導入自体が遅かったので、海外と比べると普及や認知が遅かったからでしょう。 しかし、これだけが理由とは言い切れません。 低用量ピルは医師の処方がないと日本では手に入れることさえできません。 しかし、海外では市販されているのでドラッグストアへ行けば手に入ります。 国によっては、最初は医師の処方箋が必要ですが、二回目以降はドラッグストアで購入できます。 医師の処方箋が全く必要ない国もありますが、日本では今でも医師の処方箋が必要です。 医療機関を受診してまで低用量ピルを手に入れようとは思わない人は多いでしょう。 他にも避妊する方法があることを考えると、どうしても服用率が高くならないのは仕方がありません。 そして、まだまだ日本では低用量ピルに対するマイナスイメージがあります。 避妊は男性がするものと言うイメージも強いですし、低用量ピルを服用していると偏見を持たれるかもしれないと思っていませんか。 このように、マイナスイメージを持っている人が多いので、なかなか服用率が上がらないのでしょう。 低用量ピルは、避妊以外にも治療のために服用したほうが良い場合もあります。 しかし、医師の処方箋が必要な上に、マイナスイメージが強いので簡単には服用率は上がらないかもしれません。 まずは、医師の処方箋がなくてもドラッグストアで手軽に手に入るようにすると良いでしょう。 目にする機会が多くなれば、自然とマイナスイメージが薄れていくかもしれません。 海外では安全性も確認されていますし、個人輸入ですでに使ったことがある人も多いですから規制を見直すべきでしょう。

2019年09月27日
完璧に妊娠を避けたいならトリキュラーがいい

トリキュラーは効果の高さや安全性が確認されていて、比較的古くから使われている低用量ピルです。 望まない妊娠を阻止するための避妊効果があり、ホルモンバランスを整えるなどのいろいろなメリットがあります。 トリキュラーに含まれている女性ホルモンが脳下垂体において働きかけることによって、卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体化ホルモン(LH)などの分泌を抑えることが可能です。 結果として排卵を起こらなくし受精卵を着床しにくい状態にします。 子宮頸菅の粘液を変化させ精子を子宮に入りづらくするよう作用することが可能です。 トリキュラーをきちんと服用することによって約99%の避妊効果を獲得することができます。 トリキュラーは第二世代低用量ピルで、黄体ホルモンはレボノルゲストレルで、卵胞ホルモンはエチニルエストラジオールになります。 トリキュラーには21と28があり有効成分が入った錠剤は同じものですが、偽薬(プラセボ)7錠の有無が異なります。 1シート28日分になっていて赤・白・黄色で、28の場合これらにプラスして大きめに白い錠剤、いわゆる偽薬(プラセボ)7錠)が入っています。 赤、白、黄色の順に含有ホルモン量が増加するという三相性ピルです。 服用期間前半は必要のない黄体ホルモンを抑えていき、自然なホルモンサイクルに似せることによって高い避妊効果を維持することができます。 全体のホルモン総含有量を少量に維持することが特徴的です。 生理1日目からスタートし以降は決められた順番通り1日1錠飲みます。 継続することによって非常に高い避妊効果を得ることができますが、飲み忘れると効果がなくなるので注意が必要です。 毎日決まった時間帯に服用するようにしましょう。 身体がまだ薬に慣れない間は吐き気などのつわりによく似た副作用が起こる人もいるでしょう。 トリキュラーを服用することにより子宮内膜症を改善することができるので、いろいろな世代の人が服用しています。 尚、抗菌薬などの他の薬との飲み合わせには注意が必要です。 トリキュラーと飲み合わせの悪い薬について トリキュラーに含まれる主成分「レボノルゲストレル」と「エチニルエストラジオール」は、女性ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモンと同じ働きをするホルモン製剤です。 正しく服用すれば、ほぼ100の確率で避妊の効果を得られます。 ただしトリキュラーを服用する場合、飲み合わせが悪い薬もあるので注意が必要です。 飲み合わせの悪い薬とトリキュラーを服用した場合、避妊の効果が落ちてしまい妊娠するリスクがアップします。 飲み合わせが悪い医薬品として、まず挙げられるのが「抗菌薬」です。 テトラサイクリン系抗生物質やペニシリン系抗生物質など、風邪をひいた際によく処方される抗菌薬と併用すると、避妊効果が低下して排卵が起こる危険性があります。 排卵してしまうと精子と卵子が結びつき、受精卵が子宮内膜に着床してしまうかもしれません。 また子宮頸菅の粘液性を変化させて、精子が子宮内に入るのを防ぐというトリキュラーの働きも低下してしまうため、妊娠するリスクが高まります。 このように妊娠する確率が高くなる事から、もし抗菌薬で治療をしなければいけない場合、医師の判断で増量するかトリキュラーの服用を中止するのが一般的です。 中止している間はコンドームなど、他の避妊方法で行いましょう。 抗菌薬の他には解熱鎮痛消炎剤も、飲み合わせの悪い薬として挙げられます。 頭痛などで痛み止めを服用する機会が多いという女性は、特に注意したいのが解熱鎮痛消炎剤です。 アセトアミノフェンを主成分としている痛み止めはトリキュラーの効果に影響を与えます。 もし痛み止めを処方してもらう場合は、ピルを服用している事を必ず医師に相談しましょう。 痛み止めでもトリキュラーに効果を与えない種類もあります。 影響のない痛み止めであれば、併用しても問題はありません。

2019年08月29日
アイピルの効果と購入方法

「アイピル」はアフターピルや緊急避妊用ピルと言われる種類の薬です。 この名前のとおり、緊急的に避妊の効果を得たいという場合に服用します。 性行為時にコンドームが破れてしまった、また望まない性行為が行われたという場合に活用する事で、高い確率で妊娠を回避できるのがアイピルの特徴です。 アイピルにはレボノルゲストレルという有効成分が配合されています。 レボノルゲストレルは女性ホルモンの1つ、黄体ホルモンと同じ作用をする成分です。 このレボノルゲストレルが含まれているアイピルを服用する事で排卵を抑制したり、受精や受精卵の着床を抑える作用が発揮されます。 結果、妊娠を高い確率で回避できるという仕組みです。 アイピルは性行為を行ってから、72時間以内に1錠の錠剤を服用する事で避妊の効果を発揮します。 72時間以降に服用した場合、避妊の効果が落ちてしまうので注意が必要です。 できるだけ妊娠を避けたいのであれば、性行為を行ってから24時間以内に服用しましょう。 アイピルの場合、性行為後24時間以内に服用すれば、約95%と高い確率で避妊の効果を得られるというデータもあります。 日頃から毎日ピルを服用していなくても、アイピルを飲めば緊急的に避妊の効果を得る事が可能です。 ただし、受精卵が着床してしまってから服用しても、避妊の効果は得られません。 着床前に服用しないと効果は無い薬という事は覚えておいた方が良いでしょう。 アイピルを服用後、約1日から3日、遅くても約3週間程度すると出血が起こります。 出血が起こると驚くかもしれませんが、これが避妊に成功したという合図です。 アイピル服用後、1日から3週間程度の間に起こる出血は消退出血と言います。 有効成分による作用によって子宮内膜がはがれた事で起こる出血です。 子宮内膜がはがれたという事は受精卵は着床ぜず、妊娠していないという事に繋がります。 この消退出血がアイピルの効果が出ているかどうかを判断する、1つの目安となるのでこちらも覚えておくと良いでしょう。 偽物を販売している個人輸入業者もいるので注意 アイピルの購入方法としては、インターネット通販の利用が一般的です。 海外から医薬品を輸入している代理業者を介して、購入する事になります。 通常のインターネットショッピングと同じ感覚で購入できるので、手軽に手に入れられるようになっています。 ただし、個人輸入業者の中にはアイピルの偽物を販売している所もあるので注意が必要です。 偽物だった場合、有効成分であるレボノルゲストレルが全く含まれておらず、避妊の効果を得られないという事になってしまいかねません。 また、レボノルゲストレルが入っていたとしても、衛生面が悪い工場で作られている偽物も存在しています。 偽物だった場合、大きな副作用が出てしまう事も考えられるので、個人輸入業者からの購入方法を選択する場合は、しっかリ業者を見極める事が大切です。 本物のアイピルを販売しているかどうかを見極めるには、実績と信頼性を必ずチェックしましょう。 今までどれだけ医薬品を販売してきたのか実績を確認します。 実績のある業者であればインターネット上の口コミも評判が良く、多くの方が利用しているので判断する際に1つの目安となります。 信頼性という点も、口コミの確認が参考となるでしょう。 また、会社名や代表者名、登録されている会社の住所や建物の名前、電話番号などがサイトに記載されているかという点も必ず確認したいポイントです。 このような情報が全く記載されていないサイトは、まず信頼できません。 実際に記載されている電話番号に連絡してみて、どのような対応をするかで、業者の良し悪しを判断してみるのも良いでしょう。 実績と信頼性のある個人輸入業者を見つけるには、まず情報集めをしなくてはいけません。 時間がかかる作業ではありますが、医薬品を購入するのですから手を抜かずに行う事をおすすめします。 数多くある個人輸入サイトの中でも信頼できる通販サイトなら「あんしん通販マート」でピルを通販してみると良いかもしれません。 また、アイピルの通販は即日発送の場所を選ぶのが良いでしょう。 避妊に失敗してから購入するのでは遅いので事前に購入しておく必要はありますが、それでも発送が早いサイトを選ぶということは非常に大切です。

2019年08月26日
アフターピルの副作用で嘔吐感を感じる

アフターピルは避妊に失敗した時に緊急措置として使用する薬ですが、副作用として嘔吐感が出ることがあげられます。 副作用の中でも嘔吐感は最も多くの人が感じるもので、実際に嘔吐をしてしまい服用したアフターピルも一緒に体の外に出てしまうこともあります。 アフターピルは性交後なるべく早くに服用しないと妊娠を抑制する作用が働かないため、嘔吐してしまい薬の成分が体に吸収されていないと妊娠をしてしまう危険が高まります。 そのため、アフターピルを服用する時には嘔吐感をやわらげるためにプリンぺランという吐き気止めを一緒に飲むことがあります。 吐き気止めを使用することで、嘔吐感を抑える作用が加わり、多少吐き気が軽減するようですが、プリンぺランを使用しても吐き気がおさまらないこともあります。 実際にアフターピルを服用した後に嘔吐をしてしまった時には、服用からどれくらいの時間が経過しているかが重要です。 もしも服用後2時間以内に嘔吐してしまった時には、アフターピルの成分が体にしっかりと吸収されていないうちに、体の外にでてしまった可能性が高くなります。 そのため2時間以内に嘔吐をした場合には、追加でアフターピルをもう一度服用しましょう。 その際には、再び吐き気が起こることを予防するために、必ず吐き気止めを一緒に飲むようにしましょう。 もしもアフターピルを服用してから2時間以上経ってから嘔吐をした場合には、薬が体に吸収された後だと考えられるので、それ以上追加でアフターピルを飲む必要はないでしょう。 どうしても心配な場合には病院を受診して医師に相談するようにしましょう。 アフターピルは通常避妊目的で使われている低用量ピルよりも含まれるホルモン量が多いことが特徴です。 そのため自己判断で薬の量を増やすことはとても危険です。 もしも2度目のアフターピルも嘔吐してしまった場合には、自己判断でそれ以上薬を飲むことは止めて医師に相談しましょう。 ピルの種類によっても避妊効果が異なる ピルには含まれている女性ホルモンの量によって種類があります。 避妊目的で使われているのは、含まれているホルモン量が最も少ない低用量ピルです。 そしてアフターピルとして使用されるのは中用量ピルという種類のもので、低用量ピルよりも含まれているホルモン量が多いことが特徴です。 低用量ピルは飲み続けることで体の中の女性ホルモンの量を一定に保ち、身体が女性ホルモンを分泌しなくてもよい状態にすることで排卵を抑制して妊娠をしないような作用がでます。 そのため、毎日同じ時間に飲み続けて体の中のホルモン量を保つことが大切です。 1回だけ服用しても、体には大きな変化は出づらく、アフターピルのように妊娠を起こさないような作用はありません。 それに対してアフターピルとして使われる中用量ピルは、含まれる女性ホルモンの量が多いため服用した後の体の変化が大きくなります。 体の中のホルモンの量を変えることで、緊急に生理を起こすような作用があり妊娠を妨げます。 また排卵がまだ起こっていない時期に服用すると、排卵を起こす時期を数日後にずらす作用があり、その作用により性交後に妊娠する可能性を低くします。 こうした中用量ピルにはノルレボやプラノバールというアフターピルがあり、プラノバールはもともと中用量ピルとして治療に使われていたものがアフターピルとしても使われるようになりました。 ノルレボはアフターピルとして開発された薬で副作用が少ないことが特徴です。 他に高容量ピルというものがあり、含まれるホルモン量が最も多くなります。 高容量ピルは月経困難症などの治療に用いられており避妊目的では使用されません。 決まり通りに使えば避妊の作用もあると思われますが、含まれるホルモン量が多いので副作用も強くなる可能性があります。

2019年08月24日
アフターピルによる副作用は頭痛について

アフターピルは服用する事で、高い確率で避妊できる薬です。 レボノルゲストレルという女性ホルモンの、黄体ホルモンと同じ働きを行う有効成分が配合されています。 体内の女性ホルモンバランスを一気に変える事で、排卵を遅くしたり子宮内膜を人工的にはがして妊娠しにくい状態へとしていきます。 もしもの時のために、女性であれば準備しておきたい薬と言えるでしょう。 ただ、アフターピルは医薬品ですので、副作用も報告されています。 もし服用したいという場合は、どのような副作用が起こるのか事前にチェックしておく事をおすすめします。 アフターピルの副作用として多いのが「頭痛」です。 女性の場合、生理前や生理中に頭痛を起こす方も少なくありません。 この時期は女性の身体で作られる、女性ホルモンの1つ卵胞ホルモンの量が減少しています。 卵胞ホルモンが体内で少なくなると、セロトニンという物質も少なくなる点が女性の身体の特徴的な部分です。 セロトニンには脳の血管を収縮させる働きがあります。 アフターピルを服用しセロトニンの量が減ってしまうと、脳の血管が広がってしまい痛みを感じやすくなるようです。 血管が拡張した事で一気に血行が良くなり、それが頭痛に繋がります。 アフターピルは緊急的に避妊したい場合におすすめの薬ですが、このようなリスクや身体への負担がある事は覚えておく必要があります。 頭痛といった負担やリスクがあると聞くと、服用を躊躇してしまう方もいるかもしれません。 アフターピルを服用後に起こる頭痛は、数日程度で改善すると言われています。 セロトニン不足により脳の血管が広がって頭痛が起こるので、頭を少し冷やすと痛みが改善するケースもあります。 もし、数日たっても痛みが治まらないという場合は、必ず医師に相談しましょう。 頭痛が起こると市販の痛み止めを服用して、対処する方も少なくありません。 アフターピルで頭痛が起こった場合に、痛み止めを活用したいという場合も念のため、医師か薬剤師に相談する事をおすすめします。 コンドームを着用していてても妊娠してしまう 日本で避妊といえばコンドームの使用が一般的となっています。 コンドームさえしておけば、必ず避妊できるというイメージがありますが、実はそうでもないようです。 あるデータによるとコンドームを着用して得られる避妊の確率は、約85%となっています。 この数字を見て驚いた女性も多いのではないでしょうか。 なぜ、コンドームを着用していても、たった85%しか避妊できないのかというと、いくつかの原因が考えられます。 まず挙げられるのが「コンドームをつけるタイミングの遅れ」です。 着用するタイミングが遅れてしまうと、場合によっては妊娠してしまう可能性があります。 コンドームを着用する正しいタイミングは、射精直前ではなく勃起してからです。 このタイミングでつけるように注意しましょう。 また、正しいタイミングで着用したとしても、性交後に女性の膣に長時間挿入したままにしておくと、精液が漏れ出してしまい妊娠する確率が高まります。 この他にコンドームが破れてしまい、妊娠してしまうというケースも少なくありません。 コンドームを使用していたからといって、必ずしも避妊できるわけではないという事は覚えておく必要があるでしょう。 コンドームは避妊目的というよりも、性感染症予防のために使うものです。 できるだけ妊娠を避けたいという場合は、アフターピルの活用もおすすめします。 アフターピルは性行為後に服用し、緊急的に妊娠を避ける薬です。 コンドームを使用して性行為を行ったけれど、本当に避妊できているのか不安という場合や、コンドームが破れてしまっていたという場合に活用すれば、より妊娠を回避できます。 望まない妊娠を避けるためにも、日頃からアフターピルを準備しておき、もしもの時に備えておくと良いでしょう。

2019年08月22日